ゲオルク
GEORG
その時が訪れました。ゲオルクはラインやエッジを強調したかつての姿を再興するモデルで、手首を飾るスクエアケースの優れた品格がひときわ目を惹きます。

丸みを帯びた形状によってしっくりと腕に馴染みます。
特大のオフセンターのセコンドダイヤルによって一秒一秒にふさわしい価値が与えられるのです。エナメルダイヤルは絹のような美しさでキャリバーVIIIの上に輝いています。時計のムーブメントとしてのこの作品は、その開放的な性質と職人技において再び新たな基準を示すものといえるでしょう。

ケース
大きさ(ラグを除く)40mm x 32mm
厚さ 9.4 mm
サファイヤグラスシースルーバック
アリゲーターレザーのストラップ(裏地シャークスキン)
ピンバックルまたはフォールディングバックル
3気圧防水

ムーブメント
手巻き機構を備えたキャリバーVIII
55時間のパワーリザーブ
時分表示
大きなオフセンターセコンド
Ø 14.5mm
ストップセコンド

ダイヤル
ツーピースのエナメル加工をほどこした四角いダイヤル
ブルーのアクセントのあるアール・デコ調ダイヤル

キャリバーVIII
大きさ
34 mm x 26,5 mm
厚さ
4,8 mm
振動数
18,000 振動/時 (2.5 Hz)
パワーリザーブ
55 時間
石数
ルビー19石、ダイヤモンド1石
機能
時/分/6時位置のオフセンター・セコンド ストップセコンド
価格
rose gold ¥6,380,000(税込)

新しく、角とエッジを備えたラング&ハイネの作品が登場します。
大きく明快な金型を通して見られる、ゴールドの輪列、レバーやバネは隠してしまうには惜しいものです。前衛的なステンレススチール製のブリッジ、丸みを帯びた表面とポリッシュ加工をほどこした石受けを備えるテンプ受けは、光を取り込みながら同時にあらゆる角度に光を放ちます。さまざまな形や素材、ポリッシュ加工やマット加工をほどこした表面のコントラストによって、作品に深さと幾何学的な印象が生まれます。時計師というのは、限りなく美しく小型化された仕組みをつかさどる建築家であるといえるでしょう。

Lang & Heyne(ラング・アンド・ハイネ)は、5代目のウォッチメーカーであるMarco Lang(マルコ・ラング)により、2001年、ドイツ、ザクセン地方における時計作りの発祥地であるドレスデンに設立されました。

19世紀、ドレスデンの時計職人マイスターは、主に高度に洗練されたオーダーメイドの作品や極少量生産の作品を特別な顧客のために製作していました。
Lang & Heyneはこの伝統を受け継ぎ、自社で針、ケース、ムーブメントの設計・製作を行うマニュファクチュールであることにこだわりと誇りを持っています。それゆえ、ウォッチメーカーが精魂を込めて手作業で製作する、芸術作品とも言える最高品質の時計は、年間の生産数もわずか数十本です。

Lang & Heyneの時計を手にするとき、手作業によって見事に仕上げられた針と、シルクのように美しく輝くエナメルのダイアルに視線を落とした瞬間。そしてゴールドに輝くムーブメントのディテールを確認した瞬間。ゴールド・シャトンに縁取られたルビー、ブルースティール加工されたビス止め、繊細に取り付けられた錫研磨されたスワンネック。そして自由に呼吸するブレゲ式ヒゲゼンマイ、輝くダイアモンドによる冠を飾り、ゴールドのビスで留められたテンプに目を落とす瞬間。夢心地になる「時」を感じ取ることでしょう。

ヨハン
JOHANN

時代にとらわれない気品
明快な品格:名前の由来となった人物と同じく、原点に立ち戻り、不可欠なものだけに焦点をあてたヨハンというモデルは、時代にとらわれない気品を備えています。白いエナメルあるいはガルバニックブラックシルバーのダイヤルの上には、シンプルなスペード型もしくはカテドラル針が輝きます。

ケース
直径 43.5 mm
厚さ 10.5 mm
サファイアクリスタル&サファイアシースルーバック
アリゲーターレザーのストラップ(裏地シャークスキン)
ピンバックルまたはフォールディングバックル
耐水性3気圧

ムーブメント
手巻き機構を備えたキャリバーI
46時間パワーリザーブ 
時分表示
オフセンター・セコンド
ストップセコンド

ダイヤル
ツーピースのエナメルダイヤルもしくはシルバー無垢のガルバニックブラック・ダイヤル
ローマ数字

キャリバーI
直径
16 ¼ ライン (36.6 mm)
厚さ
5,5 mm
振動数
18,000 振動/時 (2.5 Hz)
パワーリザーブ
46 時間
石数
ルビー19石、ダイヤモンド1石
機能
時/分/6時位置のオフセンター・セコンド ストップセコンド
価格
rose gold ¥5,115,000(税込)
white gold ¥4,950,000(税込)

ラング&ハイネがキャリバーⅠを設計した時から、19世紀末のザクセン地方で技術的に完成された4分の3プレートがこの小さな芸術作品の美しい精密装備として採用されています。
ゴールド製のシャトンに据えられた大きなルビーは梨地のシルバープレートと魅力的なコントラストを生みだします。最も小さいアンクルの軸受けの石にいたるまでゴールド製の受けと深青色のネジで固定されています。繊細にポリッシュされた輪列ブリッジや受けの面は、テンワについているスリットの入ったゴールドのネジと同じように輝く光を放ちます。両方の巻き上げ機構歯車のサンバースト仕上げは光りを放つ太陽のイメージです。冠のようにテンプに輝くダイヤモンドはハイライトといえるでしょう。ハンドエングレービングがほどこされたテンプ受けの上に堂々と君臨し、優雅に弧を描くスワンネック型バネと見事に調和しています。熟練した技術で端の曲線を細工したヒゲゼンマイは、滑らかな呼吸を確保します。巻き上げリューズを引き上げると、バネがテンワに優しく触れ、時計の動きが止まります。
これにより時計を秒単位で正確に調整することができます。

極小の芸術作品
ラング&ハイネの時計は時を計るためだけのものではありません。それは繊細な水彩画が単なる絵であるだけでなく、彫像が単なる大理石の塊でないのと同じです。
時計は身に着ける人から発せられるメッセージであり、その人のスタイルと世才を映します。


歴史においてかつて頭に載せていた王冠が、今日は手首に飾られているので、美的に卓越した外観に加えてメカニズムの魅力はきわめて重要な役割を果たします。時計は生涯にわたって時を刻み動き続ける、驚くべき小型精密機械でもあります。そのため多くの人が収集に情熱を傾けることも不思議ではありません。その魅力は細部に対する時計師のこだわりを知ることでより膨らみます。

三つのエレガントなスト ラップ用のラグ

一目で分かる紛れもない特徴: 三つのエレガントなストラップ用のラグは両側でリストストラップをしっかり固定しています。真ん中のラグはリューズに対して時計の縦軸を強調するものです。リューズプロテクトが加わり、個性的かつ美しく均整のとれたケースが生まれます。

細やかな表面仕上げをしたシルバーの装い

18・19世紀の技術の再発見と発展:プレートやブリッジや受けは、細やかな表面仕上げをしたシルバーの装いです。豚毛ブラシと特別な工法を用い、ざらざらとした繊細な革のような表面には最後にゴールドの電気メッキがほどこされます。

ラング&ハイネのスクリュー

時計師の高い要求度と誇りはネジの品質に反映されます。私たちがネジの頭部を丁寧に面取りして錫(すず)でポリッシュし、丸みを帯びたネジ先を含めて螺旋部分にヤギ毛ブラシをかけるのはそのためです。明るく磨き抜かれた鋼のネジは部分的に炎のように深い青紫色をしています:専門職人が一日に作れる数はわずか12本から15本にすぎません。

ハンド・エングレーブの針

針にはあらゆる努力を惜しみません。それは高度な職人技でハンドエングレービングしたルイ15世針にしてもスペード型やカテドラル型で完璧に研磨しポリッシュした針にしても同じです。針は精確に時を計るうえで最終的に最も重要な部分と言えるでしょう。様々な構造をした三次元の造形には最高レベルの職人技が要求されます。

ローズゴールドのホイール

6本のスポークの輪列は、2016年以降すべてのラング&ハイネの時計において硬質のローズゴールドで作られ、精確かつ最小限の摩擦で動作しています。ゴールド(歯車)とスチール(カナ)の組み合わせは、従来の材質の組み合わせに比べはるかに優れています。電気メッキがいらないことも利点の一つです。

ブレゲヒゲ

じっと見つめる呼吸:数学的に正確に計算された曲線を描くブレゲヒゲが生み出すテンプの振動は、目を捕えて離しません。これもまず、卓越した技術で丁寧にその形状に曲げる必要があります。この繊細な作業は経験の豊富な専門職人しかできないものです。

ゴールドのシャトン

丁寧にポリッシュしたゴールドのシャトンの溝によってルビーの受け石に輝きと深さが生まれます。ザクセン地方の伝統を継承して、シャトンはブリッジや受けに埋め込んでネジ留めしています。埋め込んだダイヤモンドはブリリアントカットで、繊細な時計工芸の結晶として冠のように目を惹きつけるハイライトです。その下にはバネのついたルビーの受け石が埋め込まれ、繊細なテンプのホゾへの衝撃をやわらげて保護しています。

生き生きとしたエナメル

生き生きとしたエナメルは様々なダイヤルでその魅力と個性を発揮しています。手間のかかる工程を経て複数の層を重ねていきます:クラシックかつ明快な構造は最高の視認性を約束するものです。

ラング&ハイネのムスターシュ型アンクル

ラング&ハイネのムスターシュ型アンクル-硬質ピンクゴールドで追求する精度:バランス用アームによってアンクル体の重心が調整され、様々なポジションにおける時計の歩度精度が確保されます。


ヴェッティン家が輩出した君主が描かれた「君主の行列」

ドレスデンは夢であり多くの訪問者にとってドイツで最も美しい町と言えるでしょう。
ここにはエルベ渓谷の空気が満ち、川に沿って湿地帯が広がり、斜面にはワイン用のブドウが熟し、人はヴィラから果てしない広がりを眺めます。800年以上の歴史を誇る旧市街の中心部では、貴族ヴェッティン家の9世紀からの宝物が、ドレスデン城とバロック様式のツヴィンガー宮殿で公開されています。宝物館には無数の時計職人、宝石・金細工師の傑作が輝いています。


ツヴィンガー宮殿内 王冠の門(Kronentor)

16世紀の選帝侯アウグストⅠ世は神業ともいうべき機械仕掛けの傑作を製作した工芸職人たちをドレスデンに移らせました。後継者もそれを踏襲し、ドレスデンはヨーロッパにおける文化と美術工芸品の一大中心地となったのです。
大きな産業としての時計マニュファクチュールは19世紀に入りザクセン地方エルツ山地のグラスヒュッテに生まれています。
これに対してドレスデンの時計職人マイスターは、主に高度に洗練された個々の作品や小さなシリーズ作品を特別な顧客のために製作しました。

この伝統をラング&ハイネは受け継いでいます。職人が精魂を込めて手作業で製作する最高の品質を誇る小さなシリーズの時計、それがラング&ハイネの時計です。


ドレスデン ゼンパーオーパーのコンサート・ホール


ドレスデン新市街の夜景


ドレスデン旧市街の風景

ラング・アンド・ハイネ

ゲオルク
GEORG
その時が訪れました。ゲオルクはラインやエッジを強調したかつての姿を再興するモデルで、手首を飾るスクエアケースの優れた品格がひときわ目を惹きます。
丸みを帯びた形状によってしっくりと腕に馴染みます。
特大のオフセンターのセコンドダイヤルによって一秒一秒にふさわしい価値が与えられるのです。エナメルダイヤルは絹のような美しさでキャリバーVIIIの上に輝いています。時計のムーブメントとしてのこの作品は、その開放的な性質と職人技において再び新たな基準を示すものといえるでしょう。
ケース
大きさ(ラグを除く)40mm x 32mm
厚さ 9.4 mm
サファイヤグラスシースルーバック
アリゲーターレザーのストラップ(裏地シャークスキン)
ピンバックルまたはフォールディングバックル
3気圧防水
ムーブメント
手巻き機構を備えたキャリバーVIII
55時間のパワーリザーブ
時分表示
大きなオフセンターセコンド
Ø 14.5mm
ストップセコンド
ダイヤル
ツーピースのエナメル加工をほどこした四角いダイヤル
ブルーのアクセントのあるアール・デコ調ダイヤル

キャリバーVIII
大きさ
34 mm x 26,5 mm
厚さ
4,8 mm
振動数
18,000 振動/時 (2.5 Hz)
パワーリザーブ
55 時間
石数
ルビー19石、ダイヤモンド1石
機能
時/分/6時位置のオフセンター・セコンド ストップセコンド
価格
rose gold ¥6,380,000(税込)
新しく、角とエッジを備えたラング&ハイネの作品が登場します。
大きく明快な金型を通して見られる、ゴールドの輪列、レバーやバネは隠してしまうには惜しいものです。前衛的なステンレススチール製のブリッジ、丸みを帯びた表面とポリッシュ加工をほどこした石受けを備えるテンプ受けは、
光を取り込みながら同時にあらゆる角度に光を放ちます。さまざまな形や素材、ポリッシュ加工やマット加工をほどこした表面のコントラストによって、作品に深さと幾何学的な印象が生まれます。時計師というのは、限りなく美しく小型化された仕組みをつかさどる建築家であるといえるでしょう。

ラング・アンド・ハイネ

Lang & Heyne(ラング・アンド・ハイネ)は、5代目のウォッチメーカーであるMarco Lang(マルコ・ラング)により、2001年、ドイツ、ザクセン地方における時計作りの発祥地であるドレスデンに設立されました。

19世紀、ドレスデンの時計職人マイスターは、主に高度に洗練されたオーダーメイドの作品や極少量生産の作品を特別な顧客のために製作していました。
Lang & Heyneはこの伝統を受け継ぎ、自社で針、ケース、ムーブメントの設計・製作を行うマニュファクチュールであることにこだわりと誇りを持っています。それゆえ、ウォッチメーカーが精魂を込めて手作業で製作する、芸術作品とも言える最高品質の時計は、年間の生産数もわずか数十本です。

Lang & Heyneの時計を手にするとき、手作業によって見事に仕上げられた針と、シルクのように美しく輝くエナメルのダイアルに視線を落とした瞬間。そしてゴールドに輝くムーブメントのディテールを確認した瞬間。ゴールド・シャトンに縁取られたルビー、ブルースティール加工されたビス止め、繊細に取り付けられた錫研磨されたスワンネック。そして自由に呼吸するブレゲ式ヒゲゼンマイ、輝くダイアモンドによる冠を飾り、ゴールドのビスで留められたテンプに目を落とす瞬間。夢心地になる「時」を感じ取ることでしょう。

ラング・アンド・ハイネ

ヨハン
JOHANN

時代にとらわれない気品
明快な品格:名前の由来となった人物と同じく、原点に立ち戻り、不可欠なものだけに焦点をあてたヨハンというモデルは、時代にとらわれない気品を備えています。白いエナメルあるいはガルバニックブラックシルバーのダイヤルの上には、シンプルなスペード型もしくはカテドラル針が輝きます。
ケース
直径 43.5 mm
厚さ 10.5 mm
サファイアクリスタル&サファイアシースルーバック
アリゲーターレザーのストラップ(裏地シャークスキン)
ピンバックルまたはフォールディングバックル
耐水性3気圧
ムーブメント
手巻き機構を備えたキャリバーI
46時間パワーリザーブ 
時分表示
オフセンター・セコンド
ストップセコンド
ダイヤル
ツーピースのエナメルダイヤルもしくはシルバー無垢のガルバニックブラック・ダイヤル
ローマ数字

キャリバーI
直径
16 ¼ ライン (36.6 mm)
厚さ
5,5 mm
振動数
18,000 振動/時 (2.5 Hz)
パワーリザーブ
46 時間
石数
ルビー19石、ダイヤモンド1石
機能
時/分/6時位置のオフセンター・セコンド ストップセコンド
価格
rose gold ¥5,115,000(税込)
white gold ¥4,950,000(税込)
ラング&ハイネがキャリバーⅠを設計した時から、19世紀末のザクセン地方で技術的に完成された4分の3プレートがこの小さな芸術作品の美しい精密装備として採用されています。
ゴールド製のシャトンに据えられた大きなルビーは梨地のシルバープレートと魅力的なコントラストを生みだします。最も小さいアンクルの軸受けの石にいたるまでゴールド製の受けと深青色のネジで固定されています。繊細にポリッシュされた輪列ブリッジや受けの面は、テンワについているスリットの入ったゴールドのネジと同じように輝く光を放ちます。両方の巻き上げ機構歯車のサンバースト仕上げは光りを放つ太陽のイメージです。
冠のようにテンプに輝くダイヤモンドはハイライトといえるでしょう。ハンドエングレービングがほどこされたテンプ受けの上に堂々と君臨し、優雅に弧を描くスワンネック型バネと見事に調和しています。熟練した技術で端の曲線を細工したヒゲゼンマイは、滑らかな呼吸を確保します。巻き上げリューズを引き上げると、バネがテンワに優しく触れ、時計の動きが止まります。
これにより時計を秒単位で正確に調整することができます。


スワンネックバネとプッシャー調整ネジ

ラング・アンド・ハイネ

極小の芸術作品
ラング&ハイネの時計は時を計るためだけのものではありません。それは繊細な水彩画が単なる絵であるだけでなく、彫像が単なる大理石の塊でないのと同じです。
時計は身に着ける人から発せられるメッセージであり、その人のスタイルと世才を映します。

歴史においてかつて頭に載せていた王冠が、今日は手首に飾られているので、美的に卓越した外観に加えてメカニズムの魅力はきわめて重要な役割を果たします。時計は生涯にわたって時を刻み動き続ける、驚くべき小型精密機械でもあります。そのため多くの人が収集に情熱を傾けることも不思議ではありません。その魅力は細部に対する時計師のこだわりを知ることでより膨らみます。
三つのエレガントなスト ラップ用のラグ

一目で分かる紛れもない特徴: 三つのエレガントなストラップ用のラグは両側でリストストラップをしっかり固定しています。真ん中のラグはリューズに対して時計の縦軸を強調するものです。リューズプロテクトが加わり、個性的かつ美しく均整のとれたケースが生まれます。

細やかな表面仕上げをしたシルバーの装い

18・19世紀の技術の再発見と発展:プレートやブリッジや受けは、細やかな表面仕上げをしたシルバーの装いです。豚毛ブラシと特別な工法を用い、ざらざらとした繊細な革のような表面には最後にゴールドの電気メッキがほどこされます。

ラング&ハイネのスクリュー

時計師の高い要求度と誇りはネジの品質に反映されます。私たちがネジの頭部を丁寧に面取りして錫(すず)でポリッシュし、丸みを帯びたネジ先を含めて螺旋部分にヤギ毛ブラシをかけるのはそのためです。明るく磨き抜かれた鋼のネジは部分的に炎のように深い青紫色をしています:専門職人が一日に作れる数はわずか12本から15本にすぎません。

ハンド・エングレーブの針

針にはあらゆる努力を惜しみません。それは高度な職人技でハンドエングレービングしたルイ15世針にしてもスペード型やカテドラル型で完璧に研磨しポリッシュした針にしても同じです。針は精確に時を計るうえで最終的に最も重要な部分と言えるでしょう。様々な構造をした三次元の造形には最高レベルの職人技が要求されます。

ローズゴールドのホイール

6本のスポークの輪列は、2016年以降すべてのラング&ハイネの時計において硬質のローズゴールドで作られ、精確かつ最小限の摩擦で動作しています。ゴールド(歯車)とスチール(カナ)の組み合わせは、従来の材質の組み合わせに比べはるかに優れています。電気メッキがいらないことも利点の一つです。

ブレゲヒゲ

じっと見つめる呼吸:数学的に正確に計算された曲線を描くブレゲヒゲが生み出すテンプの振動は、目を捕えて離しません。これもまず、卓越した技術で丁寧にその形状に曲げる必要があります。この繊細な作業は経験の豊富な専門職人しかできないものです。

ゴールドのシャトン

丁寧にポリッシュしたゴールドのシャトンの溝によってルビーの受け石に輝きと深さが生まれます。ザクセン地方の伝統を継承して、シャトンはブリッジや受けに埋め込んでネジ留めしています。埋め込んだダイヤモンドはブリリアントカットで、繊細な時計工芸の結晶として冠のように目を惹きつけるハイライトです。その下にはバネのついたルビーの受け石が埋め込まれ、繊細なテンプのホゾへの衝撃をやわらげて保護しています。

生き生きとしたエナメル

生き生きとしたエナメルは様々なダイヤルでその魅力と個性を発揮しています。手間のかかる工程を経て複数の層を重ねていきます:クラシックかつ明快な構造は最高の視認性を約束するものです。

ラング&ハイネのムスターシュ型アンクル

ラング&ハイネのムスターシュ型アンクル-硬質ピンクゴールドで追求する精度:バランス用アームによってアンクル体の重心が調整され、様々なポジションにおける時計の歩度精度が確保されます。

ラング・アンド・ハイネ


左 : ヴェッティン家が輩出した君主が描かれた「君主の行列」| 右 : ツヴィンガー宮殿内 王冠の門(Kronentor)

ドレスデンは夢であり多くの訪問者にとってドイツで最も美しい町と言えるでしょう。
ここにはエルベ渓谷の空気が満ち、川に沿って湿地帯が広がり、斜面にはワイン用のブドウが熟し、人はヴィラから果てしない広がりを眺めます。800年以上の歴史を誇る旧市街の中心部では、貴族ヴェッティン家の9世紀からの宝物が、ドレスデン城とバロック様式のツヴィンガー宮殿で公開されています。宝物館には無数の時計職人、宝石・金細工師の傑作が輝いています。
16世紀の選帝侯アウグストⅠ世は神業ともいうべき機械仕掛けの傑作を製作した工芸職人たちをドレスデンに移らせました。後継者もそれを踏襲し、ドレスデンはヨーロッパにおける文化と美術工芸品の一大中心地となったのです。
大きな産業としての時計マニュファクチュールは19世紀に入りザクセン地方エルツ山地のグラスヒュッテに生まれています。
これに対してドレスデンの時計職人マイスターは、主に高度に洗練された個々の作品や小さなシリーズ作品を特別な顧客のために製作しました。

この伝統をラング&ハイネは受け継いでいます。職人が精魂を込めて手作業で製作する最高の品質を誇る小さなシリーズの時計、それがラング&ハイネの時計です。


左 : ドレスデン新市街の夜景 | 右 : ドレスデン ゼンパーオーパーのコンサート・ホール


ドレスデン旧市街の風景